【実施報告】「妊娠を取り巻く社会課題と私たちにできること」(第84回丸和ソーシャルビジネス研究会)

第84回丸和ソーシャルビジネス研究会は去る9/25(日)にオンラインで開催されました。
今回は、マイ・ビジネス・ピッチとして、第5回丸和ソーシャルビジネス賞(2018年度)受賞者の中島かおり氏(特定非営利活動法人ピッコラーレ 代表理事)を講師にお迎えしました。(参加者17名)

中島さんが代表をされている「特定非営利活動法人ピッコラーレ」は「妊娠葛藤」の相談窓口「にんしんSOS東京」を運営されています(千葉・埼玉でも委託事業運営)。 

現行の法制度や行政の仕組みでは支援の手が届かない、望まない妊娠によって困窮する女性に対し、多様な専門資格を持った相談支援員による多面的な支援活動を実施されています。

今回の講演では普段余り知ることのないその実状と抱える課題、そして今後の法整備や制度化に向けた政策提言活動に至る幅広い活動の説明がありました。
また現在では相談支援員、スタッフ合計で50名に及ぶ規模の事業に成長されているビジネス展開ストーリーもELPASO会員にとっては非常に興味深いものとなりました。
 
 
今回の研究会には助産師を目指す大学院生・学部生(丸和育志会奨学生)の方も参加され、熱のこもったディスカッションがありました。
今後ともELPASO会での相互ネットワークを活用して、コラボレーションして志と富の実現を目指して貰いたいと考えています。

尚、丸和ソーシャルビジネス研究会の講演・議論のまとめは、会員限定ページに掲載していますので、ご確認ください。
https://maruwa-ikushi.org/elpaso/membersonly/

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)