【実施報告】「システムづくりのマネージメント ―ヘルスケアを例として―」(第83回丸和ソーシャルビジネス研究会)

第83回丸和ソーシャルビジネス研究会は去る7/25(日)の9:00からオンラインで開催されました。

今回は、昨年の第75回丸和ソーシャルビジネス研究会でもご講演頂いた武内和久氏(Bloomin’Japan代表取締役)[元厚生労働省室長、マッキンゼー&カンパニーアドバイザー]をお迎えし開催しました。
コロナ禍を機に、日本では医療行政に関する様々な課題がクローズアップされています。
この背景には、日本の産・官・学に共通して「制度設計力」(設計スキルやプロジェクトマネジメント力)の影響が大きいのではないか、という問題提起に対する議論が活発に行われました。
また、コロナ後のヘルスケアビジネスの方向性についてのお話もあり、ELPASO会員にとっては、日本社会・組織の本質にも迫る非常に興味深い研究会となりました。

丸和ソーシャルビジネス研究会の講演・議論のまとめは、会員限定ページに掲載していますので、ご確認ください。

 
 
*今月(8月)の丸和ソーシャルビジネス研究会は、お休みです。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)