【ELPASO会員へのお知らせ】大企業をスピンアウトして植物工場を起業(丸和SB研究会実施報告)

 周藤一之氏(株式会社 野菜工房 代表取締役)をお迎えし10/31(土)に第77回ソーシャルビジネス研究会を開催しました。
 講演テーマは「ベンチャー起業における楽しさとつらさ、実体験による生の声」。
 大企業(総合商社)からスピンアウトし植物工場ビジネスを起業という実体験を踏まえた、ビジネス実践ストーリーをお話しいただきました。

なぜ 独立(起業)を目指すのか?
起業するとサラリーマン時代と変わること

こういった起業を目指す人だったら必ず思い、悩むであろう根源的かつ実際的なテーマについて、周藤氏の商社マン時代、起業の決断、そしてその後の10年間に及ぶ植物工場経営という多くのナマ体験に基づいた文字通りの実践的マイ・ビジネスピッチとなりました。約30名の会員の方が参加されましたが、講演後はみなさんとの活発なディスカッションの時間となりました。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)