第10回ブログ(2016.1.)理事長 丸和油脂株式会社代表取締役会長;高橋祐直「新年のご挨拶」

公益財団法人の理事長を仰せつかっております、高橋です。
2016年を迎えるにあたり一言ご挨拶を申し上げます。
丸和育志会は、2012年に内閣府より公益財団として移行認定を受けましたが、
中心事業である優秀プロジェクト選考も、諸先生方のご尽力により、第2期と
して5名(第1期と合わせて計10名)の方々が選出され、12月23日に表彰
式を行うことが出来ました。

まずもって、表彰された方々には心からお祝い申し上げます。誠におめでとう
ございます。又、プロジェクトの実施計画立案にサポート頂いた関係者の皆様、
審査員の先生方には諸事多忙な折にも関わらず、長い時間と労力をお掛け下さ
いました事、厚く御礼申し上げます。
立案されました内容には、現在の時代にまさに適した課題に取り組まれたもの、
或いは近い将来必ず必要となるであろうアイデアに富んだもの、さらには既に
事業として実行に踏み切られた方もおられました。
さて、事業の構想が纏まり実行に移すには大事なことが有ります。恐らく百も
承知かも知れませんが、良きパートナーを得ることです。人間の体を想像して
みてください。表彰された方を頭とすれば、手と足が必要です。もし手足が無け
れば物を造る事も動かす事も出来ません、勿論一人で出来る事業は沢山あると
思いますが、少なくともそれを長く続けて行くには賛同して加わってくれる後継
者が必須条件です。即ち事業は長く継承できれば出来るほど価値が増大して行く
と思います。継続は力なりです。完成、或いは成功したら終わりではありません。

是非、受賞された皆様方が良きパートナーを発掘してそれぞれの事業を継続発展
されますことを、心より期待し祈念申し上げます。

2016年がELPASO会会員の皆様にとってより良い年であります様、お祈り申し
上げ私の挨拶とさせて戴きます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)